BACK
滝川工業高校 電気科就労体験
 平成23年09月15日
 
 8月23〜25日に行われた滝川工業高校 土木科インターンシップに続き、電機科の生徒2名が勤労観の育成と
 社会性の醸成を図ることを目的とし、3・4・3千代田丁未線 交付金工事外 に1日就労体験に来ました。
 
 まず、同校卒で生徒たちの先輩となる現場所長から工事概要の説明です。
 学校で専攻している分野ではないため 所々に出てくる専門用語の理解に
 苦しんでいるようでしたが、2人とも真剣に耳を傾けていました。

 現場所長も母校が懐かしかったのか、学校や先生の話題で盛り上がって
 いました!
 緊張も解けてきたところで現場に向かいます。
 当現場の脇には防空壕があるのですが、普段はなかなか見る機会がない
 ことから2人とも興味津々でした。
 この防空壕は、工事の中でコンクリートで埋められることになっています。

 現場で使用する重機、機械類にも触れてみました。(もちろんエンジンストップです!)
 雰囲気だけでしたが、普段は触れることのない機械を前に楽しそうでした。

 午後からは、体力仕事に挑戦してもらいました。
 法面に土工芝を布設する作業です。 芝を固定するためにハンマーで目串を打ち込みますが、中腰が続くこの作業は
 見た目以上に辛いもので、2人とも顔を赤くして頑張っていました。
 辛さもピークを迎える頃、先生が様子を見に来たのですが、それが活力源となったのか若い力は復活、バリバリ作業を
 こなしてくれました(笑)

 最後は測量機器を使用しての実習です。
 教えるのは、現場所長に続き こちらも滝川工業高校卒の先輩です。
 慣れない機器の操作に苦戦する2人でしたが、一生懸命に取り組んでくれました。
 昨年から滝川工業高校電気科のインターンシップを当社現場で実施していますが、専門外の生徒たちなので、当社と
 しても何を教えたらよいのか頭を悩ませながらの実習であり、本当に役に立っているのかと心配が尽きません。
 しかし、彼らはどんな作業でも真剣に取り組み、最後に「良い経験ができました!」と笑顔で語ってくれます(嬉)
 そんな前向きな気持ちを忘れず、一つひとつの体験を大切にし、これからの就職活動に役立ててもらえれば、私たちも
 嬉しい限りです。
 がんばれ、若者たちよ!!
 
 
 
Copyright(c)Kanbegumi co.,ltd All rights reserved