BACK
グラウンド整備・明苑中学校編2
 平成22年05月15日 グラウンド整備でスポーツ活動支援です!
 
 昨年に引き続き、当社社屋に隣接する滝川市立明苑中学校のグラウンド整備を
 実施しました。

 明苑中学校では、毎年グラウンドに雪像や滑り台などを作り、保育所の園児を招き
 冬まつりを開催しているそうです。
 その準備の時のものか、大型の重機痕が雪融け後のグラウンドに残っています。

 これではグラウンドを快適に使用することはできません・・・・・・
 土建屋魂に火が入ります!(笑)
 冬まつりの様子です。
 写真は明苑中学校より提供いただいました!<(_ _)>
 前日、作業下準備のために調査に入ります。
 水をちらし、デコボコの高さを測り、目印の杭を打ち込んで・・・・・・と、準備万端です♪

 そして当日、いよいよ作業開始です。

 昨年の経験(反省)からグレーダーを投入(写真左)、
 アッという間にデコボコ解消!

 隅の方ではタイヤショベルが活躍中。
 流石の重機たち、良い仕事をします!(笑)
 
 芝の箇所は手作業です。
 あちこちの穴に土を入れ、トンボで均し、ローラーの
 締め固めを待ちます。
 
 ピッチャーマウンドやブルペンマウンドにも土を盛り、
 ランマー(転圧機)で締め固めます。
 
 その後、しっかり綺麗に締め固まるよう、乾燥した
 地面に水をまきます。
 
 そして作業も終盤、タイヤローラーで仕上げます。
 
 作業を見ていた野球部の先生に、「機械を使ったグラウ
 ンド整備の経験は無いのだが、こんなに綺麗になるもの
 なんですね〜」と、嬉しい感想をいただきました。

  ※今年 赴任してきた先生とのことです。
 
 完成!!

 内野のデコボコは見事に消え(写真左)、外野の重機痕も
 無くなりました。
 まだ多少のイレギュラーはするかもしれませんが、それも
 練習の内です、頑張ってください!(笑)
 
 
 なんとか野球部の練習開始時間までに作業を終えることができました。

 整備したてのグラウンドに入る生徒たちの笑顔が、とても嬉しく感じました。
 「こんなに綺麗にしてくれたグラウンドで練習するのですから、大会で良い成績を残すよう
 一生懸命に頑張ります!」と、キャプテン(でしょうか?)が力強くお礼を言ってくれました。

 頑張れよ! おっちゃん達は応援しているよ〜(笑)
 
 
 
Copyright(c)Kanbegumi co.,ltd All rights reserved