BACK
グラウンド整備(明苑中学校編)
 平成21年05月02日 明苑中学校のグラウンドが整備されていないと聞いて・・・
 
 (この写真は、学校のホームページより無断で拝借<(_ _)>)
 当社所在地の裏に滝川市立明苑中学校があります。
 野球部・父母会のみなさまが「グラウンドが整備されていなく練習に支障がでる・・・」と困っているという話を聞き、行ってきました
 グラウンド整備、土建屋の機動力の見せ所でございます(笑)

 私(管理人)も当校の卒業生ですから、かつてお世話になった学び舎に恩返しです♪
 (と書くと、とても私的なものになってしまうか? 笑)

 こちらは手作業チーム。
 ショベルで土を入れ、トンボ(整地用具)とスコップでならします。 天気の良い日だったので暑い暑い!
 一心不乱で作業、最後はプレート(ランマー:転圧機)で締め固めます。
 「こっちも荒れているぞ〜!土もってこ〜い!」

 フィールド内もお忘れなく、人海戦術で整地作業w
 
 こちらは重機チーム。

 「この辺、ちょっと上がっているなぁ〜 お〜いショベルで削ってくれぇ〜!!」

 パッと見ても分からない程度の傾斜ですが、土建屋の血がそうさせるのか、匠の技でアッという間の均平作業!
 作業を見に来ていた校長先生も、これには「ほぉ〜」と ひと言。。。
 
 いつの間にか生徒たちが集まってきました。
 「早く練習したいよね、もう少し待っててね〜!」

 「こんにちは!」「ありがとうございます!」
 基本的なことではありますが、きちんと挨拶のできる礼儀正しい生徒たちでした。
 教育が行き届いているということですね〜♪
 
 さぁ、時間もないし、ここでローラー(締め固め用機械)の登場です。
 タイヤショベル(大)、タイヤショベル(小)、ローラーで一気に たたみかけます!
 
 と、大型機械で派手にやっている片隅で、据え付けの悪くなったホームベースを修理中。。。

 地味な作業ですが こういう気遣いも大切なこと、素晴らしい!
 想像以上に難儀な作業で四苦八苦していましたよ(笑)
 カンバレー!
 こちらは、散水車による散水作業。
 水で濡れることを予想して雨合羽を用意してあるところが素晴らしい!
 これもひとつの段取り八分?(笑)
 
 フィールド内でベース間の距離を測って最後の仕上げです。
 時間があればラインも引いてあげたのになぁ〜、残念。

 これにて全工程が完了、生徒たちには気に入ってもらえるでしょうか。
 先生の話によると なかなか強いチームだということ。
 このグラウンドで練習し、全道・全国へと羽ばたいてくれたら我々も
 嬉しい限りです。

 みんな、頑張れ!!
 
 
 
Copyright(c)Kanbegumi co.,ltd All rights reserved