BACK
ジュニアインターンシップ2008
 平成20年08月26〜28日 次代の建設業を担う若者たち、一生懸命お勉強です!
 
 平成20年8月26日〜28日の3日間、ジュニアインターンシップで滝川工業高等学校・土木科2年の生徒3名が、
 当社施工の『市道朝日町黄金町東601号線道路改良舗装工事』に実習に来ました。
 
 桝の丁張り実習中に突然 雨がひどくなり、急いで現場事務所に逃げ込むなどハプニングもありましたが、
 みんな一生懸命でした。
 
 事務所内では、図面の計算などの座学です。
 真剣な眼差しの生徒たちに、現場スタッフの説明も自然と力が入ります!
 その熱意に応えてくれるかのように、みんな頭を抱えながら頑張ってくれていました。

 
 後日、会社に お礼の手紙が届きましたので紹介します。
 
 
 【増子 陽平 君】
 拝啓 初秋の候 貴社いよいよご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 さて過日のインターンシップの際には、お忙しいところお時間を割いていただきまして、誠にありがとうござい
 ました。
 このインターンシップで学校では出来ない素晴らしい体験をさせて頂きました。コンクリート打設」「トランシットの
 すえつけ」「丁張かけ作業」「CAD」「型枠取り付け」様々な体験や貴重なお話を聞くことが出来とても良かったです。
 最後に、皆様のご健康とご活躍をお祈りしてお礼の言葉とさせて頂きます。
 
 
 【澤田 健太 君】
 拝啓 初秋の候 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、過日のインターンシップの際にはお忙しいところお時間を割いていただきまして、誠にありがとうござい
 ました。
 土木工事で使う機械を使用することができ、良い経験を得ることができとても嬉しく感じました。
 この体験で学んだことは、作業を諦めず、最後までやり抜いて積極的に取り組むことです。
 そのことを今後に生かしていきたいです。
 最後に、皆様のご健康とご活躍をお祈りして、お礼の言葉とさせていただきます。
 
 
 【朧氣 政弥 君】
 拝啓 初秋の候 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、過日のインターンシップの際にはお忙しいところお時間を割いていただきまして、誠にありがとうござい
 ました。
 事前指導後、現場に行き体験が始まる時に、渡谷さんが工業のOBであるとお聞きし驚きました。
 今日の仕事で学んだ縁石の丁張がけや縦断計算などは、生涯忘れずに、今後に生かしていきたいと思います。
 最後に、皆様のご健康とご活躍をお祈りして、お礼の言葉とさせていただきます。
 
 
 
 現場所長も母校の後輩たちからの手紙に喜んでいたようですが、2011年には滝川工業高等学校・土木科の
 募集が打ち切られる予定となっているため(平成20年8月26日現在)、複雑な心境でもあったようです。
 
 モノを創るための学び舎がある。
 そして、モノを創る喜びがある。

 それらが無くなっていくようで なんとなく悲しい気持ちになりますが、後世に繋ぐ立派な社会資本を整備する
 仕事は決して無くなることはありません。

 次代の建設業を担う若者たち、これからも一生懸命 頑張って欲しいですね!!
 
 
 
Copyright(c)Kanbegumi co.,ltd All rights reserved