BACK
第100回金刀比羅治水神社例大祭
 平成18年08月10日 お待ちかね、100回目の「こんぴら祭り」です!
 
 みなさまお待ちかねの 石狩川水系を見守る「金刀比羅治水神社例大祭」が、
 連日真夏日が続く滝川市で行なわれました。

 前日は、各種テント設営、のぼり立て、市内を宣伝カーにて広報活動などなど・・・
 当日は、放送機器の運搬&設置、駐車場の交通整理、撤収など、そして終了後(翌日)には、各種設備の後片付けなどに
 当社からも数名が参加、みなさまと一緒にお手伝いです。

 今年は「第100回目」の記念例大祭として、富山県より「越中八尾おわら風の盆」を招いて盛大に!
 また、子供相撲・精霊流しも例年通り行なわれました。

 今年の北海道は6〜7月と涼しい日が続き心配しましたが、8月になりやっと 夏らしい日がやって来ました。
 夏といえば「花火!」、打ち上げ開始2時間前から河川敷で待って居る方もおられました。
 浴衣を着たカップル、お孫さんと一緒に3世代で来られる方等々で、広い駐車場もアッと言う間に満杯・・・

 さぁ〜、いよいよ打ち上げ開始です!

 交通整理をしながら観た花火は暑い夜空に一服の清涼感が漂い、心地好い風と共に短い北海道の夏を満喫出来ました。
 ご来場のみなさまにも喜んで頂けたようで、連日の疲れも吹き飛んだようでした。

 地元のお祭り、それは市民コミュニティーの場として、毎年みなさまが楽しみにしています。
 地域の一員として、そのお手伝いを出来ることに嬉しさを感じる裏方一同なのでした(笑)

                                                     【レポート : 総務部部長 中野繁博】
 
 
 
Copyright(c)Kanbegumi co.,ltd All rights reserved